ブログ

【FIREへの道】投資金額を確保する最も効果的な方法|家賃を下げよう!

スポンサーリンク
ブログ

どうも。世界のうりだです。

「投資を始めてFIREを目指すんだ!ヽ(´▽`)/」と思い立った方へ。

投資商品を選ぶ前に、まずは投資金額確保しましょう!

「でも今の収入が少なすぎて、投資金額なんて確保できないよ。」

日本で生活する上で、投資できない人はほとんどいません。このブログにアクセスできている時点で、FIREを目指すことは、条件的に可能です。

投資金額を確保するためには、収入支出割合見直しましょう!

スポンサーリンク

投資金額を確保する最も効果的な方法

投資できずに頭を抱える男のイメージ
FIREへの投資金額を確保できず、お悩みのあなたへ!

FIREを目指す上で、最も再現性が高いのが投資を用いることです。

ただし、定職についている等、毎月の収入があることは大前提です。

だからと言って、投資を始めるには高給取りになる必要がないことが分かります。

収入の3/4≧支出

収入に対して、支出のカテゴリを「固定費」「変動費」「自己投資」「貯蓄・投資」4分割する考え方があります。すべてが等分されているのが理想です。「貯蓄・投資」の部分を作る必要があります。

収入は毎月決まっているので、4等分すればいいわけですから、簡単ですよね!

最終的な毎月の支出は、収入の3/4(4分の3)に収められます。

「余った分があれば投資に回そう!」と、毎月の貯蓄額をテキトーだと、何か興味が湧くものに出会ったときに、貯蓄がなくなってしまいます。

興味は「自己投資」の範囲内で賄うことを意識し、貯蓄額を確保できます。

下げるのは「固定費」

少しでも貯金を増やすために、支出を減らそうと「節約」を考えます。たとえば、電気代を下げるために、こまめにスイッチを切るとか、食費を減らすために、ハトのエサ並みのものしか食べない、とか。

そんな苦労をした結果、1万円も支出を減らせたら大したものです。もし1万円余計に使えるとして、それを投資に回しますか? そのうち体や脳が悲鳴を上げてしまうでしょう。

貯蓄できていない生活レベルから考えたら、きっと投資には至らないでしょう。そしてその「節約」は、長くは続かないでしょう。あまりにも今をないがしろにしています。

支出を「ガツン!」と減らすには、固定費を引き下げるのです!

固定費とは、毎月決まって支出するカテゴリの金額です。家賃民間保険がこれに当てはまります。

ひょっとして、収入の半分が家賃になっていたりしないでしょうか? その家賃を半分にできたなら、その数万円を毎月投資に充てることができます。

先に挙げた1万分の節約を怠っても、十分なプラスができます。つまり、家賃を減らすだけで余計なストレスから解放されるのです!(゜∀゜)

スポンサーリンク

家賃を下げるなら「シェアドアパートメント」がおすすめ!

独身者なら、住居をかなり気ままにできるはずです。自分一人が快適に過ごせればいいわけですから。

そこで今回ご提案したいのが「シェアドアパートメント 」です。

ビジネスホテルのイメージ

シェアドアパートメント は、ビジネスホテルのイメージに近いです。

部屋には、最低限の家具が一通りそろっています。

ただし、部屋にはトイレやバスと言った水回りがありません。もちろん、それらを共用できる設備が整っています。

シェアドアパートメント の雰囲気を味わいたいなら、一度一人でビジネスホテルに滞在してみてください。きっと勝手がわかるはずです。

家賃は月3万円から!

シェアドアパートメント なら、初期費用が3万円で済みます。その代わりに敷金礼金がいりません。

敷金礼金はそれぞれ、1ヶ月分の家賃、トータル2ヶ月分の家賃を初期費用で取られます。3万円で済むなら、かなり安いことがわかりますよね!?

そして毎月の家賃ですが、最安でなんと月3万円で済んでしまいます!w(゜o゜)w

前章の4分割を用いた場合、手取りで月12万円以上の収入がある方は投資できてしまいます。定職についていたら、投資金額を容易に確保できてしまいますよね(゜∀゜)

家具は備え付け

家具を買うのは相当にお金がかかります。使い古した後、処分するにも同様です。

シェアドアパートメント なら、どちらの心配もいりません!

各部屋には、冷蔵庫、机、椅子、ベッドが備え付けられています。

当然ながらWi-Fiも完備されています。今まで支払っていた通信費用まで、事実上半分にできますね( ^ω^)

これなら、自身で購入するのが電子レンジくらいで済みます。個人的にはティファール等の電気ポットもあると便利です( ^ω^)



不動産屋を避けられる

直接業者との提携になるため、仲介手数料が不要です。先の初期費用に含まれています。

通常は不動産屋を介して物件紹介されるため、仲介手数料として1ヶ月分の家賃を取られるのが相場です。

私は費用以上に、心理的な面で不動産屋を避けたくなる体験をしました。

不動産というのはかなりブラックで、カルトチックです。コンビニや携帯ショップのノリで店員と対応していると、トラウマを背負いかねません!(゜Д゜)

まず彼らは、平気でウソをつきます。ネットで探せる物件サイトから不動産屋に行っても、その物件に入れることはほぼありません。

私の経験ですと、新たに紹介された物件に詳しいようなそぶりをして、いざ入居すると現状と乖離した条件だったことがありました。

不動産屋と、イルカの絵でおなじみのラッ〇ンを売りつける画廊には、関わりたくないものです。

「裏S区」な不動産屋の体験談

そして彼らは営業慣れしているため、圧力がすごい。ノルマがかかっていますから。

彼ら不動産社員が現実逃避をする上で取り入れたのが、「裏S区」と同じ文化でした。

「裏S区」という都市伝説バリに、何かにつけてケタケタ笑い出したのです。今考えても、不気味でした。

笑いは共感を誘うのはそうですが、他者をバカにするときにも用いられます。

私はもっぱら後者の用法を被りました。不快でしかありませんでした。

上野の昭和通り沿いにある雑居ビル8Fの不動産屋を利用する場合は、お気を付けください。

通常住宅に転居する場合は、カルトな不動産屋にぶち当たっても、転居が完了するまでは頭を下げ続けなければなりません。

しかしシェアドアパートメントを利用することで、そんな不快な思いをすることは無くなります。



スポンサーリンク

まとめ

今回紹介したシェアドアパートメント、40代までの若年層を対象にしています。

若いうちに投資を始められる状況を、家賃を下げることでより加速させることができます。

固定費のうち、もっとも割合の高い家賃を下げて、さっさとFIREへの目途をつけてしまいましょう!

今回は、

  • 投資金額を確保する最も効果的な方法→家賃や民間保険といった「固定費」を見直そう!
  • シェアドアパートメント」を使って、家賃を格安に!→同時に、不動産屋と関わらないメリット。

について、書いてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました