できる投資

誰でもできるカンタンな「逆張り」投資!|VIX指数で買い場をはかろう!

スポンサーリンク
できる投資

どうも。世界のうりだです。

投資利益を出す方法は、「安く買って、高く売る」ことです。

でも、いつが安かったのかは、過去を振り返ってみないとわかりません。

ですが、VIX指数恐怖指数)の上昇局面では、相対的に株価が安くなっている可能性が高いのです。

下落中の怖い逆張りになりますが、株価は上昇する前提で投資するものなので、当たれば大きく利益を取れます!

定期的に購入する「つみたて投資」にも、この原理は適用されます。

スポンサーリンク

誰でもできるカンタンな逆張り投資!

順張りと逆張り

投機の考え方です。

価格が上がってきたから、これからもしばらくは上がり続けるだろうと考えて、買いポジションを取るのが順張りです。

一方、価格が下がってきたとき、「近い将来上昇するだろう」と考えて、買いポジションを取るのが逆張りです。

一般的に、順張りの方が利益を出しやすい成功確率が高いと考えられています。

インデックス投資は、大きな意味で「順張り」です。またつみたて投資も、長期目線での上昇局面で追加投資を継続する「順張り」です。

順張りのデメリット

価格上昇をやり過ごした(様子見した)ことになります。その分の利益は、順張りしている限り永遠に取れません。

ただ投資には「頭と尻尾はくれてやれ」という格言があります。

完全に取り切ろうとするは、非常に困難であることを戒めています。

この記事の身も蓋もなくなるかもしれませんが、順張りこそ投資の王道であることを示す格言なのです(;´▽`)

VIX指数が高くなる時

株価が下落しているとき、その株価は相対的に安くなっていると考えていいでしょう。

一般的には、VIX指数が30を超えると、下落のピーク⇒相対的に安くなっていると言われています。

VIX指数が30を超えていると、経済ニュースが騒がしくなります。

上昇時(最高値更新)は、さらっと流れていきます。一方、下落局面では番組の1コーナーを使って、どこまで下がるのかを、リベラルコメンテータが笑いをかみ殺すのに必死で報じています。

そんなテレビを見たとき、上記リンクをクリックしてみてください!(`・ω・´)σ

30を超えていたら、それは買い時である可能性が高いと言えます。

VIX指数による逆張りのデメリット

VIX指数に頼って逆張りした場合、ひょっとしたらデメリットの方が大きいかもしれません(^_^;)

頻度が少ない

VIX指数が30を超える頻度は、残念ながら非常に少ないのです。年に1回あるかどうかの指標です。

とはいえ、2020年のコロナ以降は、VIXの上昇局面は頻繁に起こっています。米国の金融引き締め(利上げ)も作用しています。

今後、「withコロナ」が定着し、金利が安定したら、頻度は元に戻ってしまうでしょう(´Д`) (現実世界としては、非常にいい状況なのですが)

投資初心者がVIX指数に頼る逆張りを待った場合、いつまでも購入に踏み切れないことが懸念されます。

さらなるVIX上昇

VIX指数が30を超えて、さらに上昇する可能性があることです。それは株価暴落の前兆をしめしていますw(゜o゜)w

2020年4月のコロナショックでは、65を超えました。

また、2008年のリーマンショックでは、10月になんと80まで上昇したのです。

逆張りは当たれば大きいですが、さらなる下落の危険性も大いに孕んでいるのです。

スポンサーリンク

2022年は「逆張り」の年?!

2022年9月までのトレンドは、実際にどうだったのか。

米国株式と国内株式で見てみましょう。

米国株式(S&P500)

米国株式(S&P500)は押しなべて右肩下がりの値動きをしてきました。

どこまで下がるのか、または下げ止まったのかは、現在は誰もわかりません。

今株式を購入することは、下落トレンドに「逆張り」していることになるのです。

現在株式を購入した場合、今後株価が上がった時には、大きく利益を出すことになります。

国内株式(日経平均)

日経平均は、おおむね横ばいに見えます。

昨年末が2.9万円越えと高かったので、若干の下落トレンドとみてもいいでしょう。

2000年以降、もっとも円安が進んだ年になりました。今の日経平均が下がっていないのは、円安に助けられたと言えるかもしれません。

今年の日経平均においては、逆張り効果は極めて薄いと言えます。

今後円高に傾いて、「1ドル=110円台」になったとき、今年生じていた”含み益”は、ひょっとしたら消し飛んでしまうかもしれません(´Д`)

スポンサーリンク

まとめ

VIX指数が高い時期(30近辺)は、値動きが激しい時期です。つみたて投資初心者の方では、ハラハラしてしまうのも無理ありません。

株価は上昇する歴史を鑑みたら、今年のうちに逆張りで投資しておく方が、日々の生活に張りも出ます。

デメリットでも述べましたが、2023年以降はVIX指数が落ち着くことが見込まれますので、ご利用はお早めに(笑)

今回は、

  • 誰でもできるカンタンな「逆張り」投資とは?→VIX指数が30を超えたときに購入! ただし、下落リスクも非常に高い。
  • 2022年は「逆張り」の年?!→米国株式は下落トレンドなので、購入すれば逆張りに! 国内株式は横ばい。円高が懸念される。

について、書いてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました